Jsトップ  >  患者さんの声 -Voice

イメージ

患者さんの声 -Voice

T・F(20代 男性)弁護士

藤井 仕事が忙しくて、肩こりに苦しめられていた私は、先日石田さんの治療院Jsに、施術してもらいに行きました。

とても雰囲気が良く、リラックスできる院内で(しかも恵比寿駅から近い!)施術が始まりました。私の症状について、詳しくヒアリングした後に、EMSやインディバといった、他の治療院にはなかなか置いていないような特殊な機械を使って、筋肉のコリをほぐしてもらいました。私が肩がこった時にいつも思っている「肩甲骨の中に手を突っ込んで、筋肉を直にほぐしたい!」という夢が叶ったような、新鮮な感覚でした。その後、石田さんが筋肉をほぐしたり、関節を曲げたりしながら、じっくりと身体の調整をしてくれました。丁寧かつ的確な手の動きに、60分の時間はあっという間に過ぎ去り、終わった頃には、肩こりがスッキリしていました。実際、施術前は、身体が左に曲がりにくかったのが、きちんと曲がる様になって、目に見える効果でした。

しばらく、石田さんの施術を続けたいと思います。肩こりに悩むビジネスマンの皆さんに、石田さんを強く推薦します!

A・K(30代 女性) 歯科医院受付

最近 、写真を撮ると左右の目の大きさが違い、気になっていたのですが、たった1回の施術で、こんなに変わるなんてビックリです♪
小顔矯正と聞いて痛いのを想像していたのですが、美顔器の様なものをあててハンドマッサージ!!!
まるでエステされている様な心地よさでした。終わって鏡をみると、気になっていた目の大きさが左右対称になり、
顎のラインもシャープになっただけでなく、ほうれい線まで、うすくなっていたのには感動しました。次の日はいつもより化粧のノリもよく本当にエステに行ったかの様でした。週1で通いたいくらいです!また宜しくお願いします!!!
>>詳しくはこちら

 

Before                                                                                     After

IMAG2015                                       IMAG2038

M・F(40代 女性)会社員

体質改善コースの様子をご自身のブログで公開してくれています。
>>詳しくはこちら

Before                                                                          After

IMAG1897                             IMAG1948

H・O(30代 女性)自営業

アップの写真を撮るまで自分の目の大きさが左右こんなにも異なる事に気付いていませんでした。
それよりも気になっていたのは、顔のたるみ。やはり年齢には勝てず、昔に比べて口角が下がっている事をとても気にしていました。
先生に気になる点を伝え施術を開始。施術部分がとても温かく、エステにでも行っているような気分になりました。本当に心地よい時間でした。
終わった後、鏡を見る前に顔を触ってみると、驚き!!今まであった場所の位置に顔の部位がないのです(笑)すべてが一回り小さく、そして位置が高くなっていました。
特に分かり易いのが、頬全体。顔を手で包むように触ってみると、「私の顔ってこんなに小さかったっけ?」というくらいサイズが違うのです。
鏡を見ると、その効果が一目瞭然。10年前くらいに自分がそこにいました(笑)全体の張りが違いますし、左右の目の大きさも統一されていました。また、翌朝の化粧の乗りも全く違います。
定期的にまたお伺いしたいと思います。石田先生、ありがとうございました。
>>詳しくはコチラ

 

Before                                                                               After

IMAG1867-1-1                            IMAG1878-1-1

マキジー(60歳・男) 音楽プロデューサー

渋谷にある治療院からですからもう4、5年になるのでしょうか?接骨、整復、指圧・・・色々な東洋的治療が集合し、交換しあい、治療を受ける身にとっても魅力的な場でした。

癒すから治すへとさらに高いところへと向かっての表参道。私はかつて身体が捻じれていて、ぎっくり腰の多発や歩様に難が出やすく辛かったのですが、最近は1週間1度の治療を維持しているので予防もできています。さらにジョーさんからお教えを受けて、素人診立て(歩いている人、特に女性を見ていると、顔胸より足腰に目が行くという悲しい習性)まで身についてしまいました。

肉体の中を、トラブルを透視するような治療に感心すること多々です。

治療院Jsトップへ戻る  このページのトップへ戻る