Jsトップ  >   Jsの治療日記 -Case Report  >  むくみ

Jsの治療日記 -Case Report

むくみ

血液中の体液が血管外に溢れたりして、血管外皮下組織に水分が過剰に溜まった状態をむくみと言う。

 むくみは、心臓・腎臓・肝臓などの障害によってできる全身性のむくみと、身体の老廃物・たんぱく質など身体の末梢から運んで捨て去る役割を果たしているリンパ液が何らかの原因で流れが悪くなってできた局所性のむくみがある!
前日の飲み過ぎ、食べ過ぎで、朝起きた時は顔が++++1日座りっぱなし、立ちっぱなしで酷使された脚は夕方になってくると++++朝履けたブーツが会社帰りには入らないなんて事もよくありますよね?リンパ管から静脈にうまく老廃物を送りこむ事ができずに滞った状態がむくみなので、老廃物を送り出す排泄システムを改善すればむくみは解消されます!
・風呂あがりなどに足の裏をよく揉む。足首を回す。

・ウオーキング、つま先立ちなどの軽い運動を毎日する。

・寝る時は、足の位置を高くする。

・お茶などの利尿作用のある飲み物を取る。

・正しい呼吸法(腹式呼吸)を覚え、自立神経のバランスを調節。

・マッサージなどで血液とリンパ液の流れを改善。

また、食事面では、

・むくみの直接の原因になるナトリウムを下げる為、塩分の多い食品を控え、野菜 果物などカリウムの多い食品(りんご、バナナ、キウィ、かぼちゃ、小豆、きゅうり、トマト、きのこ、海草、肉、魚、卵、大豆)を積極的に摂取する事も大事。(カリウムの過剰摂取は腎機能障害になる可能性があるので注意!)

・カルシウム マグネシウムの補給

・血管水分吸収能力を高めるたんぱく質を多く含む(大豆、肉、魚、卵)を摂取。

・体温を温める効果のあるビタミン類を多く含む(かぼちゃ、たまねぎ、ごぼう、しょうが、にんにく、ゴマ、ナッツ)を摂取。

 むくみと冷えはセットです!!!
季節の変わり目で外は真夏の様な暑さ(><)室内はガンガン冷房と温度の差がありすぎて体調を整えるのが難しい季節に・・・・・。自分で出来そうなものだけでも是非試してみよう!!!

 

 

 

膝下Before                                                          膝下After

IMAG1869                         IMAG1871

 

治療院Jsの治療では、ふくらはぎを調整することにより、血流・リンパ・代謝が改善される。

ふくらはぎは、血液を心臓に送り返すポンプ作用を行っているため、「第二の心臓」といわれ、血液循環にもっとも大切な器官である。老廃物を流し、むくみをとるだけでなく、筋肉を深部からほぐして柔軟にしていくことで、全身の血液循環が改善され、自律神経の調整がされ、基礎代謝を高め、新陳代謝を促進し体温を上げることができる。

むくみを解消して、暑い夏を乗り切りましょう!!!!!

Post to Twitter
Share on Facebook
はてなブックマーク - むくみ
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

治療院Jsトップへ戻る  このページのトップへ戻る