Jsトップ  >   Jsの治療日記 -Case Report  >  美しい歩行姿勢

Jsの治療日記 -Case Report

美しい歩行姿勢

<歩行Before>

視線が下にあるので、背中が曲がる。腕も振れない。
右肩が下がる傾向が強い。
骨盤をうまく使えていないので、脚が上がらず引きずる様な歩き方になっている。
かなり負担のかかる、だらしない歩き方になってしまっているので、たくさん距離を歩いた後や、立ちっぱなしなどが続くと疲労度はMAX!!!

 

 

<歩行After>

進行方向に1本の線があるとイメージして、落ちない様にその上を歩く。
視線は正面を向いて少し上に。
足は踵から着地し、親指で蹴りだすように。ひざはなるべく伸ばし、腰から前に出すようなイメージで・・・。
特に矯正などを施した訳ではなく、いくつかのポイントをお伝えしただけで、これだけ歩行姿勢が変わる。

歩行の姿勢が悪いと、腰痛や肩こり、脚の障害など身体の不調の原因にも!!!
歩行が変われば、身体の不調だけでなく、見た目の印象もだいぶ変わりますよ!

Post to Twitter
Share on Facebook
はてなブックマーク - 美しい歩行姿勢
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

治療院Jsトップへ戻る  このページのトップへ戻る