Jsトップ  >   Jsの治療日記 -Case Report  >  背骨をゆるめる体操

Jsの治療日記 -Case Report

背骨をゆるめる体操

仰向けになり、全身の力を抜いてリラックス。

呼吸は鼻からすって、口ではく。

 

脊柱ゆるゆる体操1

 

吸う息で指先の方まで意識を向けながら、ゆっくりと腕を上げていく。

腕を伸ばしたまま、ゆっくりと上げる。肩から伸ばす様に持ち上げていくと、顔の上を通過するあたりから、だんだんと肋骨があがっていく感覚が得られる。

 

腕を床に着けて背中に力の集まりを感じる。

肋骨の動きを意識しながら、腕が床に着くまで上げていく。腕が床に近づくと背中に力が集まる感覚が得られる。肩こりの酷い人は床に着けるのが大変。無理な時は少し腕を開いてもOK。

脊柱ゆるゆる体操2

 

腕を頭上方向に伸ばしていく。

腕が床に着いたらさらに腕を伸ばす。この時、腕よりも肋骨や肩を持ち上げる意識でグーッと伸ばそう。この動きで背骨一つ一つが引っ張られるような感じが得られたらOK!

 

 

大の字1

 

さらに脚も伸ばしていく。

腕を伸ばすとともに、脚も伸ばしていく。こちらも脚の筋肉より腰を意識して伸ばす様に。背骨の下半分が引っ張られて伸びる感じを得られればOK!

 

 

呼吸を意識!!!鼻からすって、口からはく。

吐く息で肩を耳から遠ざけていくようなイメージで肩甲骨を下げていく。

脊柱ゆるゆる体操3

 

呼吸は酸素を取り込んで全身に行き渡らせる、最も重要な生命活動です!!!

慢性的な運動不足、姿勢の乱れ、異常気象、栄養過多、ストレス、スマホやゲーム・PC作業などによる腕の使い過ぎ・・・・で現代人は呼吸に関わる機能が凄く弱くなってきてます。弱った呼吸器を元気にしていくには、胸郭を広げていくことが大切。これによって肺や心臓などが十分に活動できるんです。

 

 

是非、正しい呼吸と姿勢を覚えて、身体のバランスを整えていきましょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Post to Twitter
Share on Facebook
はてなブックマーク - 背骨をゆるめる体操
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

治療院Jsトップへ戻る  このページのトップへ戻る